プロ野球選手フィギュア  デフォルメフィギュア コレクション

80'sプロ野球ヒーローズフィギュア

スポンサード リンク
80'sプロ野球ヒーローズフィギュア 長島・王が絶対的なヒーローであった60~70年代は、そのふたりの不世出の英雄の引退をもって幕を閉じた。プロ野球が大衆娯楽として完全に定着した80年代初頭、人々は新たなヒーローの登場を待ちわびていた・・・。

ポストONとして絶大な人気を博した原・中畑、自己流を貫き3度の3冠を達成した落合、自分を理解し、自分に出来る最高のプレーをすることで前人未踏の大記録を成し遂げた福本や衣笠。
原 辰徳

原 辰徳 TATSUNORI HARA

 < 拡大する
はら たつのり 1958年 7月 22日生

東海大相模高から東海大を経て、81年、ドラフト1位で巨人に入団した。1年目に22本塁打を放ち新人王、83年には103打点で打点王、MVPにも選ばれた。95年限りで引退。2006年現在巨人軍監督。1697試合、382本塁打、1093打点、打率.279。

主なタイトル・表彰・記録
打点王、新人王、MVP1回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞2回
中畑 清

中畑 清 KIYOSHI NAKAHATA

 < 拡大する
なかはた きよし 1954年 1月 6日生

安積商から駒大、76年にドラフト3位で巨人に入団した。79年にレギュラー三塁手に。81年に一塁転向、打線でも主軸を務めた。「絶好調」を連発し、チームのムードメーカーでもあった。89年引退。1248試合、171本塁打、621打点、打率.290。

主なタイトル・表彰・記録
ゴールデングラブ賞7回
掛布 雅之

掛布 雅之 MASAYUKI KAKEFU

 < 拡大する
かけふ まさゆき 1955年 5月 9日生

習志野高から74年にドラフト6位で阪神に入団。1年目から一軍にあがり、2年目には三塁のレギュラーを獲得。79年には4番に定着し、その年を含めた3度の本塁打王を獲得するなど活躍した。88年で引退。1625試合、349本塁打、1019打点、打率.292。

主なタイトル・表彰・記録
本塁打王3回、打点王1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞6回
ランディ・バース

ランディ・バース RANDY WILLIAM BASS

 < 拡大する
ランディ・バース 1954年 3月 13日生

77年にツインズで初メジャー昇格以後5球団を転々。83年に来日、変身へ。3年目の85年三冠王となり21年ぶりの阪神優勝に貢献、MVP。翌年も三冠王。88年長男の病気を理由に帰国。日本での成績は614試合、486打点、202本塁打、打率.337。

主なタイトル・表彰・記録
三冠王2回、首位打者2回、本塁打王2回、打点王2回、MVP1回、ベストナイン3回
岡田 彰布

岡田 彰布 AKINOBU OKADA

 < 拡大する
おかだ あきのぶ 1957年 11月 25日生

早稲田大で1年生から活躍、卒業時には当時最多の6球団の競合抽選の末に希望通り阪神へ80年入団。二塁手として活躍し新人王。85年の優勝時にはバース、掛布とクリーンアップ・トリオで活躍、優勝に貢献した。2006年現在阪神監督。1639試合、247本塁打、836打点、打率.277。

主なタイトル・表彰・記録
新人王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞1回
山本 浩二

山本 浩二 KOHJI YAMAMOTO

 < 拡大する
やまもと こうじ 1946年 10月 25日生

法政大学からドラフト1位で69年に広島に入団。強肩の外野手として活躍した。75年には四番定着、その年首位打者、MVPを獲得する働きで初優勝に貢献した。以後本塁打王4回をはじめ広島の黄金期を支えた。86年引退。2284試合、536本塁打、1475打点、打率.290。

主なタイトル・表彰・記録
本塁打王4回、打点王3回、首位打者1回、MVP2回、ベストナイン10回、ゴールデングラブ賞10回
衣笠 祥雄

衣笠 祥雄 SACHIO KINUGASA

 < 拡大する
きぬがさ さちお 1947年 1月 18日生

平安高で捕手として活躍、65年広島入団後は内野手に転向した。68年に一塁手のレギュラー獲得、70年10月から87年の引退まで2215連続試合出場の当時の世界記録を達成するなど、広島の黄金期を支えた。84年には打点王、MVP。2677試合、504本塁打、1448打点、打率.270。

主なタイトル・表彰・記録
打点王1回、盗塁王1回、MVP1回、ベストナイン3回、オール伝グラブ賞3回、国民栄誉賞
高木 豊

高木 豊 YUTAKA TAKAGI

 < 拡大する
たかぎ ゆたか 1958年 10月 22日生

多々良学園高、中大を経て81年ドラフト3位で大洋へ入団。3年目の83年にリーグ6位の打率.314をマーク。この年二塁手のゴールデングラブ賞。84年には56盗塁で盗塁王。94年日本ハム移籍、この年引退。1628試合、88本塁打、545打点、打率.297。

主なタイトル・表彰・記録
盗塁王1回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞1回
矢沢 健一

矢沢 健一 KENICHI YAZAWA

 < 拡大する
やざわ けんいち 1947年 9月 22日生

習志野高、早大を経て70年ドラフト1位で中日入団。その年打率.251で新人王。73年外野手から一塁手へ転向。76年、打率.355で初の首位打者。80年には.369で2度目の首位打者。スプレー打法が見事だった。86年引退。1931試合、273本塁打、969打点、打率.302。

主なタイトル・表彰・記録
首位打者2回、新人王、カムバック賞1回、ベストナイン5回
福本 豊

福本 豊 YUTAKA FUKUMOTO

 < 拡大する
ふくもと ゆたか 1947年 11月 7日生

大鉄高、松下電器を経て69年ドラフト7位で阪急入団。70年から不動の一番・中堅。この年75盗塁で盗塁王になると13年連続のタイトル、72年の106は当時の世界記録。この年MVP.88年引退。2401試合、208本塁打、884打点、打率.291。

主なタイトル・表彰・記録
盗塁王13回、MVP1回、ベストナイン10回、ゴールデングラブ賞12回
落合 博満

落合 博満 HIROMITSU OCHIAI

 < 拡大する
おちあい ひろみつ 1953年 12月 9日生

秋田工から東洋大へ進み中退。東芝府中を経て79年ドラフト3位でロッテ入団。81年首位打者となると、以後タイトルを総なめ(首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回)。82、85、86年三冠王。82、85年MVP。87年中日、94年巨人、97年日本ハムと移り98年引退。2236試合、510本塁打、1564打点、打率.311。

主なタイトル・表彰・記録
三冠王3回、首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回、MVP2回、ベストナイン10回
村田 兆治

村田 兆治 CHOJI MURATA

 < 拡大する
むらた ちょうじ 1949年 11月 27日生

福山電波工から68年ドラフト1位で東京(69年からロッテ)入団。不安定な投球が続いたが、75、76年に防御率1位となりエースに。76年には21勝。90年に引退するまで、最多勝、防御率1位1回。フォークで一世を風靡。604試合、215勝177敗33S。

主なタイトル・表彰・記録
最優秀防御率3回、最多勝1回、最多セーブ1回、最多奪三振王4回
石毛 宏典

石毛 宏典 HIROMICHI ISHIGE

 < 拡大する
いしげ ひろみち 1956年 9月 22日生

市立銚子高、駒大、プリンスホテルを経て81年ドラフト1位で入団、好手好打の遊撃手として活躍、新人王。移行西武の中心選手として優勝11回を経験。95年ダイエー移籍、96年引退。1796試合、236本塁打、847打点、打率.283。

主なタイトル・表彰・記録
新人王、MVP1回、ベストナイン8回、ゴールデングラブ賞10回
ラルフ・ブライアント

ラルフ・ブライアント RALPH WENDELL BRYANT

 < 拡大する
ラルフ・ブライアント 1961年 5月 20日生

エイブラハムボールドウィン農大からドジャースを経て88年5月中日入団、6月に近鉄に移る。この年34本塁打。89年に49本塁打で本塁打王。本塁打王3回、打点王1回。95年引退。773試合、259本塁打、641打点、打率.261。

主なタイトル・表彰・記録
本塁打王3回、打点王1回、MVP1回、ベストナイン3回
山本 和範

山本 和範 KAZUNORI YAMAMOTO

 < 拡大する
やまもと かずのり 1957年 10月 18日生

戸畑商から77年ドラフト5位で近鉄に入団。83年南海に移り、レギュラー外野手となる。86年ゴールデングラブ賞。96年ダイエーから再度近鉄へ。99年引退。1618試合、175本塁打、669打点、打率.283。

主なタイトル・表彰・記録
ゴールデングラブ賞1回
スポンサード リンク
Google
 
<戻る