希望の翼 ブルーインパルス スカイコレクション

ブルーインパルス

スポンサード リンク

UCC缶コーヒーに>希望の翼 ブルーインパルス スカイコレクションが付いていました。
無糖の缶コーヒーに付いていたのは良かった。全6種だがコーヒーも無糖なので無理せずに飲める。
ブルーインパルス(Blue Impulse)は航空自衛隊松島基地第4航空団第11飛行隊所属の曲技飛行隊の愛称である。
愛称は初期のコールサイン「インパルス・ブルー」が由来である。

01 F-86F 初期編隊長機

01 F-86F 初期編隊長機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

「ブルーインパルス」発足時の初期チーム編隊長機用塗装。
隊長機のみ異なるカラーリングを実施した例では、世界のアクロチームの中でも珍しい存在と言える。

02 F-86F 初期チーム機

02 F-86F 初期チーム機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

1960年に、航空自衛隊の戦闘機教官が独断で行った編隊飛行が発足のきっかけとなった「ブルーインパルス」。
これは、初期チーム用の塗装機である。

03 F-86F 正式塗装機

03 F-86F 正式塗装機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

東京オリンピックの開会式や大阪万博開会式で活躍した正式塗装機。
「ハチロクブルー」として親しまれた、1960年から1981年に545回の公式展示飛行を行った。

04 T-2 正式塗装機

04 T-2 正式塗装機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

2代目 T-2。
スマートなフォルムに加え、離陸時にアフターバーナーによりスモークオイルが点火することで、炎を曳きながら急上昇するのが特徴。

05 T-4 正式塗装機

05 T-4 正式塗装機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

3代目現行機 T-4 は「ハチロクブルー」を彷彿とさせる機体デザインで、長野五輪や日韓共催ワールドカップ等で転じ飛行を行い、今なお現役で活躍する。

06 T-4 10周年記念塗装機

06 T-4 10周年記念塗装機側面   < 正面   < 背面   < 下面  

多くの歴史的行事に華を添えてきたブルーインパルスが T-4 に機種を替え、第11飛行隊として再出発してから10周年の2005年に出現した特別塗装機。

  • facebookページ「フィギュアのある風景」では風景と一緒に撮影した写真を紹介しています。どなたでもフィギュア写真を投稿出来ますので、是非自慢のフィギュアを投稿して下さいね!!
  • この記事を読んで当サイトが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。

スポンサード リンク