BATMAN MINI FIGURE COMICS SELECTION

BATMAN・バットマン

スポンサード リンク

娘から誕生日プレゼントでもらいました。
アメリカンコミックはあまり好きではないのですが、唯一好きなコミックがバットマン。映画も好きでよく見ているのを知っていて1,000均一ショップで買ったそうです。
ディテールも良くできていてすてきなフィギュアです。

バットマンは他のヒーローものと違って普通の人間というところがいいですね。ゴッサムシティという未来の架空都市という点がちょっと残念ですが・・・。

BATMAN

BATMAN/バットマンバットマン
 < BATMAN (A) の正面拡大  < BATMAN (A) の背面拡大
 < BATMAN (B) の正面拡大  < BATMAN (B) の背面拡大
本名ブルース・ウェイン(Bruce Wayne)。犯罪者を怖れ震え上がらせるためのコウモリを模した高性能スーツに身を包み、極限まで鍛え上げた肉体と格闘技、卓越した知力と探偵術、優れた科学技術と数々の秘密兵器を武器に、ゴッサム・シティの犯罪者を夜の闇の中、取り締まっている。自警団的な活動のため、一部の者を除いて警察からは敵視されている。

ROBIN

ROBIN/ロビンロビン
 < ROBIN の正面拡大  < ROBIN の背面拡大
本名ディック・グレイソン(Dick Grayson)。元はサーカスのアクロバット家族の一員。両親の死をきっかけにブルースに引き取られ、ロビンとなった。パトロール中に銃撃され怪我をしてしまい、パートナーを死なせることを恐れたバットマンにより解雇される。
自分のようなサイドキック(相棒)の若手ヒーローを集めてティーン・タイタンズを結成し、そのリーダーをつとめていた。

THE JOKER

THE JOKER/ジョーカージョーカー
 < THE JOKER の正面拡大  < THE JOKER の背面拡大
1940年初登場。バットマンの最凶最悪の宿敵である。「犯罪界の道化王子」などの呼び名を持つ。
当初、作者は一話限りのゲストとして死なせてしまう予定だったが、余りにキャラが立っていたため、出版前に描き直しが命じられた。かつては他愛も無い犯罪を行う道化として活躍したが、後にコミックがシリアスな作風に移行するに伴って、非常に残虐な狂気の悪人として描かれるようになる。原作者のボブ・ケインはヴィクトル・ユーゴー原作の映画「笑う男」(1928)をモデルにしたと述べている。

PENGUIN

PENGUIN/ペンギンペンギン
 < PENGUIN の正面拡大  < PENGUIN の背面拡大
1941年に初登場。丸い体躯に、シルクハット・モノクル(単眼眼鏡)・タキシード・銃を仕込んだコウモリ傘がトレードマーク。
父親が肺炎で死亡し、母親はその原因が雨に当たったせいであるとして、幼いオズワルドにいつも傘を持たせるようになった。また生まれつきの尖った鼻、小さい身体から、同級生に苛められ、友達と呼べるのは母親が経営していた鳥類専門ペットショップの鳥たちだけだった。そのペットショップがいじめっ子達に荒らされ、動物が死んだことが、彼を犯罪の道に走らせた。彼のペンギンという名はこの頃からのあだ名である。

HARLEY QUINN

HARLEY QUINN/ハーレークィンハーレークィン
 < HARLEY QUINN の正面拡大  < HARLEY QUINN の背面拡大
本名ハーリーン・クィンゼル。
元アーカムアサイラムのカウンセラー。ジョーカーの情婦。治療対象だったジョーカーに魅せられて自分も犯罪者となった。
アニメ『バットマン』オリジナルキャラクターだったが、コミックにも逆輸入という形で登場する。

POISON IVY

POISON IVY/ポイズン・アイビーポイズン・アイビー
 < POISON IVY の正面拡大  < POISON IVY の背面拡大
1966年に初登場。自立した女性悪役が必要とされるようになった後年再登場し、90年代のアニメシリーズでより認知された。スピンオフ企画のウェブ上フラッシュアニメシリーズ「Gotham Girls」では主役の一人でもある。
赤毛に、緑色で露出度の高いコスチュームが特徴。植物を偏愛し、血液などで植物を操り、全ての毒素に対する免疫を持っている。フェロモンを体内で生成し、キスした相手を誘惑し自由に操ることが出来る他、毒で相手を殺すことも可能な危険な毒婦である。現在は皮膚の色も緑がかっている他、植物化が進んでおり、光合成しているとまでされている。
  • facebookページ「フィギュアのある風景」では風景と一緒に撮影した写真を紹介しています。どなたでもフィギュア写真を投稿出来ますので、是非自慢のフィギュアを投稿して下さいね!!
  • この記事を読んで当サイトが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。

スポンサード リンク