ワンダフル商事 戸田社長セレクト 20世紀のベストバイク

走るバイクCOLLECTION

スポンサード リンク

WONDA缶コーヒーにワンダフル商事 戸田社長セレクト 20世紀のベストバイク 走るバイクCOLLECTIONが付いていました。
テレビコマーシャルと連動してワンダフル商事の戸田社長というのは分かるが、どうしてバイク?バイクは人気があるからなのだろうか?
缶コーヒーは乗り物系が多いが、もうちょっとアイデアを出しておもしろい企画をして欲しいものだ。ワンダゴールドには金メッキカーなんてのが付いていた。

1972 KAWASAKI 900SUPER FOUR

1972 KAWASAKI 900SUPER FOUR側面   < 正面   < 背面  

CB750FOUR をターゲットに世界最速を実現するため、ゼロから開発されたカワサキ初の本格4スト・スポーツ。 すべての面で世界最高水準を目指し、CBを上回る900ccの排気量を持つ空冷直4エンジンはDOHCを採用してる。

1979 Honda CB750F

1979 Honda CB750F側面   < 正面   < 背面  

流麗なヨーロピアンスタイルに、空冷DOHC4バルブ並列4気筒を搭載。 セパレートハンドル、トリプルディスクブレーキ、アジャスタブルショックなどの充実装備で、750ccクラスの販売記録を塗りかえる爆発的なヒットとなった。

1979 Honda CB750F側面   < 正面   < 背面  

1981 SUZUKI GSX1100S KATANA

1981 SUZUKI GSX1100S KATANA側面   < 正面   < 背面  

ドイツ人デザイナー、ハンス・ムートが日本刀をモチーフにデザインしたという斬新なスタイルで登場。 コンビネーションメーターやサイドカバー部の大型チョークダイヤなど、個性的な装備と持ち前の動力性能で、世界中で好セールスを記録。

1981 SUZUKI GSX1100S KATANA側面   < 正面   < 背面  

1984 KAWASAKI GPZ900R

1984 KAWASAKI GPZ900R側面   < 正面   < 背面  

240km/h 以上の最高速度や、ゼロヨン加速 10.976 秒といった驚異の動力性能により当時世界最速の座についた名車。 カワサキ初となるサイドカムチェーン方式の水冷式エンジンは 115PS を発揮。 「ニンジャ」のペットネームで親しまれた。

1984 KAWASAKI GPZ900R側面   < 正面   < 背面  

1983 Honda CB1100R(D)

1983 Honda CB1100R(D)側面   < 正面   < 背面  

CB750FOUR をターゲットに世界最速を実現するため、ゼロから開発されたカワサキ初の本格4スト・スポーツ。 すべての面で世界最高水準を目指し、CBを上回る900ccの排気量を持つ空冷直4エンジンはDOHCを採用してる。

1984 KAWASAKI GPZ900R

1999 SUZUKI GSX1300R HAYABUSA側面   < 正面   < 背面  

240km/h 以上の最高速度や、ゼロヨン加速 10.976 秒といった驚異の動力性能により当時世界最速の座についた名車。 カワサキ初となるサイドカムチェーン方式の水冷式エンジンは 115PS を発揮。 「ニンジャ」のペットネームで親しまれた。

1999 SUZUKI GSX1300R HAYABUSA側面   < 正面   < 背面  
  • facebookページ「フィギュアのある風景」では風景と一緒に撮影した写真を紹介しています。どなたでもフィギュア写真を投稿出来ますので、是非自慢のフィギュアを投稿して下さいね!!
  • この記事を読んで当サイトが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。

スポンサード リンク