戦国騎馬武将 ゼンマイで走る暴れ馬!

戦国騎馬武将 ゼンマイで走る暴れ馬!

スポンサード リンク

サントリーコーヒーボスゼンマイで動く「戦国騎馬武将 ゼンマイで走る暴れ馬!」がついていました。
これがまたかわいい!! 何がわかいいかって、動きがとても癒される。
馬はずんぐりしていて精悍さがなく、武将も小さくてディテールが荒い。
しかし、ゼンマイを巻いて動かすと、カタカタって細かく早く動いてとってもかわいい。

独眼竜 「伊達政宗」

伊達政宗拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

幼少の頃、片目を失ったが、片倉景綱(かげつな)らの重臣に恵まれたこともあり、勢力を拡大、奧州の覇権を握った。
奧州より天下を狙う正宗は秀吉や家康からも奧州の雄として一目置かれる将であった。

越後の龍 「上杉謙信」

上杉謙信拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

戦国時代屈指の戦術家。
戦国時代には珍しく「義」を行動の指針とし、一切の私欲を断つ徹底ぶりだった。
謙信だけでなく、家臣たちも「義」を行うという強い信念から優秀な武士団が結成された。

戦国の風雲児 「織田信長」

織田信長拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

常識や権力に囚われず、大胆な人材登用や新機軸の方針、火縄銃の活用などを通して戦国時代を終結へと導いていったが、比叡山焼き討ちなどの苛烈な政策から魔王とも恐れられた。
天下統一を目前に家臣の明智光秀の謀反により、その生涯を終えた。

甲斐の虎 「武田信玄」

武田信玄拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(あだ)は敵なり」という信条のもと、戦国最強の騎馬軍団を率い織田信長・徳川家康をも恐れさせた武将。
越後の上杉謙信と川中島で五回に及ぶ死闘を繰り広げた。

日本一の兵 「真田幸村」

真田幸村拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

大阪夏の陣、幸村は鎧を赤で統一した真田軍を引き連れ家康の本陣に殺到した。
その勇猛果敢な戦いぶりは家康に自決を覚悟させるほどだった。
しかし、数で勝る徳川軍に追い詰められ、幸村はついに討たれた。
その戦いぶりは後世に「日本一の兵(つわもの)」として名を残す。

知勇兼備の義将 「直江兼続」

直江兼続拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

明朗快活で義に厚く、その生涯を主君・上杉景勝のために尽くした。
容姿端麗で、愛宕権現(あたごごんげん)の「愛」という字を前立てにあしらった兜姿は有名である。
主君・景勝とともに上杉謙信の教えを受け「義」の精神、民を愛し、民と生きる心を学んだ。

天下御免の傾奇者 「前田慶次郎」

前田慶次郎拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

前田利家の義理の甥にあたり、武勇に優れ、古今典籍(ここんてんせき)にも通じた文武両道の風流人であった。
自らの道理で生き、自由を貫き通す奔放な男で、奇矯(ききょう)なる振る舞いを好む傾奇者(かぶきもの)として有名である。

隻眼の軍師 「山本勘助」

山本勘助拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

武田信玄の軍師、若い頃から諸国を遍歴し、軍略や築城術などの兵法を身につける。
合戦の作戦を立てるだけでなく策略にも優れ、戦わずして数々の勝利を武田軍にもたらした。
川中島の戦いで自ら編み出したきつつき戦法を上杉謙信に見破られ、討ち死にした。

戦国一の出世頭 「豊臣秀吉」

豊臣秀吉拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

信長に仕え、足軽から出世を重ね、次第に頭角を表す。
信長が本能寺の変で討たれると、信長の後継の地位を得る。
その後、大阪城を築き関白・太政大臣に任ぜられ、日本全国の大名を従え天下統一を成し遂げた。
足軽から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。

四海を統べる者 「徳川家康」

徳川家康拡大   < 正面の拡大   < 背面の拡大  

秀吉の死後、関ヶ原の戦いに勝利し、天皇から征夷大将軍に任ぜられた。
応仁の乱以降100年以上続いた戦乱に終止符を打ち、織田信長、豊臣秀吉により成し遂げられた天下統一を更に盤石のものとし、徳川三百年の基礎を築いた。

  • facebookページ「フィギュアのある風景」では風景と一緒に撮影した写真を紹介しています。どなたでもフィギュア写真を投稿出来ますので、是非自慢のフィギュアを投稿して下さいね!!
  • この記事を読んで当サイトが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。

スポンサード リンク